在宅支援事業

住宅改修

介護保険による住宅改修(介護予防住宅改修)って?

介護保険制度では、要介護度ごとの毎月の利用限度額とは別に、
20万円を上限枠として1割のご負担で介護や介護予防のための住宅改修ができます。

ご利用の手順

要介護者の場合、要支援者の場合 手順の説明

支援対象となる改修6種目

1.手すりの取り付け 2.段差の解消 3.滑り防止及び移動の円滑化等のための床または通路面の材料変更 4.引き戸等への取り替え 5.洋式便器への便器の取り替え 6.その他前各項目の住宅改修に付随して必要となる住宅改修

ページトップへ